I (am the) GIRL

涙が出るほど幸せで 笑ってしまうくらい悲しい

#だから私はメイクする 〜ジャニオタ看護学生現在年上に恋してる女〜

 

 

 2018年、本当に一瞬ですぎたように思う。毎年毎年、6月になるともう今年も半分かとノスタルジックに感じてはいるが今年は特に顕著だった。いきなり余談にはなるが私の2018年をザックリと紹介したい。1月、人生2度目のセンター試験を受けた。2月、第一志望校の入試を受けたが落ちた。3月、人生お初SHOCKを観てあまりの壮大さと衝撃、そしてその裏にある脆さと儚さに絶望した。4月、人生2度目の1回生になった。5月、バイトを始めた。6月、初給料でNEWSのファンクラブに入った。7月、バイトが楽しすぎて働けるギリギリの日数働いた。8月、King & Princeの1stコンサートで“自担”の本当の意味を知った。9月、初めての実習でメンタルがズタボロになった。10月、看護師になれなくてもバイト先でフリーターになればいいと切り替え心が軽くなった。11月、月間目標を“他人に期待しない”とするほどバイト先で年上の好きな人ができた。12月、バイトだけじゃなく勉強も頑張ろうと思った(思っただけ)。

 

 再受験という形で私は再び大学生になった。前の大学で取得した単位が思った以上に使えたので、空きコマだらけになって夢にまで見た一部の大学生の特権全休までもが発生し、とにかくバイトをしまくった。そのおかげで毎月10万円近く自由に使えるお金ができて、服やコスメにつぎ込んだ。同時に、年齢が影響するのか昨年からまともに夏バテになり2ヶ月で6キロ痩せた。そしたらなんか自分が好きになった。今まで幼児体型だった(母談)が、お腹まわりがスッキリしたことで大体の服が着こなせるようになった。そしたら自分にも自信がついて好きな人もできた。

 

 今までメイクをする理由といえば、メイクをする道具があるからだった。SNSで話題となったキャンメイクなどのプチプラ、パッケージで選んでいたジルスチュアートなどデパコス、それがただそこにあったから顔に乗せていた。正直、メイクをした自分を見てもときめいていなかった。この一文を読んでドン引きした人もいるかもしれないが、本当のことなんだから仕方ない。だって私は毎日、メイクをした自分の顔を見てときめき、史上最高に可愛いと本気で思っている。

 

 突然だが、2018年コスメに(スキンケア含め)20万近く費やした私の最近の毎日メイクを使用順に紹介したいと思う。ちなみに金額の後に何も書かれていなかったら税抜き価格である。そしていきなり文末がフランクになったりならなかったりフラフラいるがその辺はどうか気にしないで欲しい。

 

 

  • スキンケア

 

 ・無印良品 導入液 /  2290円(税込)

 

 まだ使い始めて1週間ぐらいしか経ってないけど、結局スキンケアは質より量なのだとわかった。もちろん質も大事だけど、現場やら新譜、アルバムラッシュに耐えかねた12月、1000円が惜しくてイプサの導入液(3500円)に変わり使い始めたがとっても良い。安いしめっちゃ入って何よりイプサから乗り換えても違和感なく過ごせているので、これから2回生になり否が応でもバイトできない日々が待っている看護学生には使い続けるという選択肢しかないだろう。

 

 

・イプサ ザ・タイムR アクア /  4000円 

 

イプサ ザ・タイムR アクア -IPSA-

イプサ ザ・タイムR アクア -IPSA-

 

 

 ズルズルと使い続けてそろそろ1年。次に出てくるMEと共に戦力外候補。あと2週間もすればどちらもなくなると思うので、今のところは無印の商品に移行予定。…って戦力外候補紹介してどないすんねん。とりあえず、悪いものではないのはわかったから無印にピンとこなかったら戻す。

 

 

・イプサ ME レギュラー4レフィル /  5200円

 

イプサ(IPSA) ME レギュラー 1 <医薬部外品>(レフィル)

イプサ(IPSA) ME レギュラー 1 <医薬部外品>(レフィル)

 

 

 ズルズルと使い続けてそろそろ1年。前述のザ・タイムと共に戦力外候補。以下同文。

 

 

・イブサンローラン トップシークレットモイスチャーエクラ / 8000円

 

 

 

 これは良い。今年の夏の猛暑でやられた私の思考回路が異常をきたした勢いで買ったものパート1。乾燥によって脂っぽくなる私の肌を毎日保湿してくれるなくてはならないもの。これを使い始めてからメイクが楽しくなった。なかなかのお値段するが、スッと伸びて1回分も(確か)パール1粒分でよくて平日だけなら半年近く保ってくれるのでコスパはいい。騙されてとりあえず一回買って欲しい。

 

  • ベースメイク

 

・ポール&ジョー モイスチュアライジングファンデーションプライマーS 02 / 3500円

 

 

 ポール&ジョーのプライマーは使い続けて3年目。余程のことがない限りこれからも使い続けると思う。現在使用しているのが、保湿をメインにしたプライマー。その前まではSPF42 PA +++の日焼け止め下地、プロテクティングプライマーを使っていたが、もうどっちもいい。次に出てくるイブサンローランのラディアントタッチブラープライマーと混ぜて使うのでどちらも半プッシュでいい。つまり、コスパがいい。良すぎる。今使っているプライマーを使い終わる頃には冬が終わり、夏の足音が聞こえてきていると思うのでプロテクティングの方にする。そしてまた冬が来たらモイスチュアにする。これぞエンドレス。

 

・イブサンローラン ラディアントタッチブラープライマー / 6300円

 

 

 

 今年の夏の猛暑でやられた私の思考回路が異常をきたした勢いで買ったものパート2。ちなみにトップシークレットもラディアントタッチも2本目。これを使い始めてからとにかくメイク崩れという概念が変わった。バイトに勤しんでふと見た鏡に映る自分の顔に衝撃を受けることがなくなった。今までなら「いやこれほぼスッピンやん…」となっていた場面でも、チョチョイとティッシュオフすることでテカリだけが取り除かれ「休憩まではまだいける…!」レベルになった。前述の通り、半プッシュでいいので減りがものすごく遅い。ただ一つ欠点は、最後の方になると出しにくいというところ。容器が多分ガラスで重心が高めなので振ってもなかなかプライマーが下に落ちてこないし、どこかにぶつけるわけにもいかないので1本目は後3回は使えた量が残ってしまった。残念。

 

 

・イブサンローラン タンラディアントタッチエクラ / 6600円

 

 

 

 

 トップシークレットとラディアントタッチをリピ買いしようとカウンターに出向いたとき、ファンデーションも変えてみようと思い立ち買ってみた。シンプルにいい。イブサンローランのコスメって大体半プッシュでいいけど、ラディアントタッチに至っては3分の1プッシュでいい。コスパのバケモン。それぐらいにしとかないと厚塗りになってしまうので毎回プッシュする右手人差し指にめっちゃ神経使う。スッと伸びてしっかり隠すもん隠してくれて最高以外の何物でもない。

 

  • ポイントメイク

 

ジルスチュアート アイブロウ&ノーズシャドウパウダー03 / 3200円

 

 

 鏡があって可愛いからって理由で買って約3年。左の色と真ん中の色がそろそろなくなりそうなのでKATEのに移行予定。でもアイブロウの毎日使う量なんて知れてるのでまだもうちょいかかりそう。いっそのこと新年から移行するのもアリかと考え始めている。持ち歩かないのなら付属の鏡もただの飾り。

 

 

・フローフシ モテライナーBr / 1500円

 

フローフシ モテライナー リキッド Br(ブラウン)

フローフシ モテライナー リキッド Br(ブラウン)

 

 

 アイライナーはフローフシ一筋。他のを使うという選択肢すらなくしてしまう。なのに愛するフローフシはこの冬が最後の冬だという。新ブランドが立ち上がるのかブランドが消滅するのか未だにわからないが、是非とも前者であって欲しいしモテライナーを廃盤にしないでいただきたい。

 

・エレガンス ラプードルオートニュアンスリクスィーズⅥ / 15000円 

 

 

 ついに手にしてしまったヤバイ粉。本当に笑ってしまうぐらいアイブロウもアイシャドウもアイライナーもチークも落ちない。汗をかいてもまぁまぁに大丈夫。何より肌にひと撫でするだけで山田涼介になれる。そうなれば実質タダ。

 

・オペラ ティントオイルルージュ6ピンクレッド / 1500円

 

 

 ここ1年、少なくとも今の大学に入学して以来オペラしか使ってない。バイト中にも「リップの色ずっと落ちないね」って言ってもらえた塗り直しという概念がなくなるぐらいの色もち。今まで1番のレッド使ってたけど、あまりに色もち良すぎてピンクレッドに変更。それから毎日ピンクレッドを使ってる。ラプードルのパフに色が付くのが嫌で、なおかつラプードルを付ける前にヘアアイロンの電源をいれると、付け終わるころには使える温度になるので先に髪の毛を整え、リップは完全にメイクの一番最後につける。口角を上げて笑顔を作りながら塗ると、なんかヤバイことしようとする小悪魔みたいでテンション上がる。ちなみに脳内ではKinKi KidsのSecret Codeが流れている。「どこか冷めきっている」「パッと見の最初の印象」が「高飛車で上から目線」な「ちょっと嫌な女」だと思ってたけど「勘違いだった」と気付いてくれる男の人はどこですか? (?)

 

 

 …以上が最近の毎日メイクである。

 

 前述した通り、今までメイクをする理由は“メイクをする道具があるから”だった。しかし、痩せて今まで着るのを躊躇していた服を着るようになり、スキンケアに力を入れ、隠したいところも隠せるようになり好きな人もできた今、私がメイクをする理由は“今日の私を史上最高に可愛くするため”になった。

 

 朝起きて顔を洗って歯を磨いてコンタクトをつけた寝グセだらけでパジャマ姿の自分は最高にブサイクだ。でも、今日着ていく服を着て、メイクをし、髪の毛をセットして最後にリップを塗った自分は最高に可愛い。毎日が史上最高の自分になれる。そして荷物を持って靴を履き、玄関のドアを開け、エレベーターに乗り込んですぐ鏡に映る自分の顔は毎回自信に満ち溢れている。

 

 人生は困難の連続だ。毎日いいことが起こるわけでもないし、辛いこと悲しいこと悔しいことしんどいこと泣きたいことが無慈悲に襲ってくる。そんな毎日でも、せめて始まりだけはときめき幸せでありたい。私にとってその方法の一つがメイクだった。メイクをした自分の顔が好きだから、メイクをしたいがために外に出ることすらある。鏡に映った自分が笑顔なら自信を持って生きていける。だから好きになった相手にも臆せず接することができているし、自分がハッピーだと周りもハッピーになれるから職場の雰囲気も良くなって今の職場はとっても働きやすい。

 

 口角をあげ、内巻きにしたミディアムヘアを風になびかせ、ヒールを履いてカツカツと踊るように歩く自分は最高に美しい。例えもしこの恋が実らなくても、残るものは今日も史上最高に可愛い自分だ。そしてこれからも史上最高に可愛い自分でいたい

 

#だから私はメイクする 。